国際パティシエの理事長からのあいさつ

学校長あいさつ・本校の歩み

学校長あいさつ

学びの目標「知・技・倫・汗」

学校法人啓倫学園 理事長
国際製菓専門学校
国際パティシエ調理師専門学校 校長 田中啓介

これからのパティシエ・ブーランジェ・調理人に求められるのは、ものを作るだけの職人意識ではなく、すぐれたセンスと発想でものを表現するアーティスト感覚です。
また人に尊敬され、信頼される豊かな人間性も大切です。さまざまなジャンルの人間とのコラボレーションや、優秀なブレーンとのチームワークが円滑に回ってこそ、上質な仕事が生まれるのです。
KOKUSAIでは技術や知識を教えるとともに、まず「個人の確かな人間性」を育てたいと考え、社会の現場に出た時に必要な協調性や、コミュニケーション力を養います。
昔から「苦労は買ってでもしろ」という言葉がありますが、若いうちの努力や葛藤は将来の成功につながり、必ず報われると思っています。世界に通用する日本人の感性をさらに磨き、意識を高く持ち、若々しく頑張ってください。

【主な受賞・役職など】
・フランス農事功労章 シュバリエ受章
・厚生労働大臣表彰
・一般財団法人 全国製菓衛生師養成施設協会 幹事
・米国カリフォルニア州政府議会表彰(1995年/日本人初)
・米国LA南加日系商工会議所 理事
・米国LA南加日系レストラン協会 相談役
・きたかた応援大使(福島県)

本校の歩み

  • 1984年
    国際製菓専門学校

    東京都立川市に「国際製菓喫茶専門学院」を創立。製菓衛生師科(2年)と菓子喫茶(1年)を設置

  • 1987年
    国際製菓専門学校

    西東京調理師専門学校に隣接して「国際製菓専門学校」を移転

  • 1988年
    国際製菓専門学校

    専修学校の認可、および学校法人啓倫学園、厚生労働大臣指定の製菓衛生師養成校の認可を得る。
    高等課程 製菓衛生師科を設置し4月に開校。

  • 1989年
    国際製菓専門学校

    大学入学資格文部科学大臣指定校認定。西武多摩湖線青梅街道駅近くに校舎を新設移転。

  • 1995年
    国際製菓専門学校

    フランスの調理・製菓技術養成校である名門エコール・ルノートルと日本初の姉妹校となる。

  • 2003年
    国際製菓専門学校小平校

    国際製菓専門学校より分離し、開校。

  • 2007年
    国際製菓専門学校小平校

    厚生労働大臣指定の調理師養成校(国家試験免除校)の認可を得る。

  • 2008年
    国際パティシエ調理師専門学校

    国際製菓専門学校小平校より校名変更。

資料請求はこちら オープンスクール開催中