よくあるご質問

よくあるご質問

TOP > よくあるご質問
  • 体験入学について
  • 入試について
  • 学生生活について
  • 就職・卒業後について

体験入学について

体験入学には複数回参加できますか?
何回でもOKです。繰り返し参加することでいろいろな調理実習に挑戦できます。
体験入学へはどのような服装で行けばよいでしょうか?
服装は自由です。体験実習があるイベントをご希望の方は、動きやすい服装でお越しください。高校生の方は、制服でも私服でもかまいません。
体験入学のとき、何か持ち物は必要ですか?
特に必要ありません。お気軽にお越しください。
友だちや保護者と一緒に参加してもいいですか?
ぜひ、一緒にお越しください。
保護者の方が、体験入学にお越しいただいた場合も、ご一緒に実習に参加できます。
参加したいのですが、日程があいません。どうしたらいいですか?
学校見学は随時対応していますので、お気軽にご連絡ください。メールでのお問い合わせも受け付けております。
体験入学の参加に費用はかかりますか?
費用は一切かかりませんので、何度でもご参加ください。
体験入学の参加や学校見学をする場合は、予約をしないといけないのですか?
調理実習の材料の準備の都合がありますので、必ずご連絡をください。

入試について

年齢や学歴の制限はありますか?
ありません。
高等課程は、中学校卒業(中学校卒業見込み含む)以上なら、専門課程に関しては、高等学校卒業(高等学校卒業見込み含む)以上ならどなたでも入学できます。短大、大学卒業の方はもちろん、社会人の方も含め、調理業界で就職や独立開業を目指すすべての方に学んでいただけます。詳細は募集要項をご覧ください。
入学選考はどのように行われますか?
専門課程の場合、推薦入試と一般入試は、書類選考を行ない、合否を決定します。
AO入学では、エントリーシート提出後、面接と書類選考にて合否を決定します。
AO入学のメリットは何ですか?
早い時期から学校見学・体験入学を通して、本校の教育理念や授業内容・目指す職業を理解することで、明確な入学目的を持って進学できる制度です。
入学金の一部が免除される特典もあります。
面接でのポイントはなんですか?
ニシチョーで勉強したい!将来、調理業界で活躍したい!と言う気持ちが1番のポイントです。

学生生活について

人より不器用な私でも、実習についていけますか?
大丈夫です。
スタートはみんな一緒で、授業は道具の名称や使い方から始めます。進み具合が気になる学生には補習や放課後教室開放も実施していますので、安心してください。あとはあなたのがんばり次第です。
毎日の授業に取り組むことで、コツコツと力をつけていきましょう。
作るのは好きだけど、私に向いているか心配です。
「作るのが好き」「食べるのが好き」だからこそ、料理のことをもっともっと知りたいと感じます。
何よりも大切なのは「こんなプロになりたい」という夢や目標です。本校では一人ひとりにきめ細かい技術教育を実施し、責任を持ってプロを育成します。
授業でわからないことは質問できますか?
その場ですぐに確認できます。また、本校は"少人数制による授業"を大切にしています。個性を尊重しながら、チームワークを学ぶ最適の環境を用意していますのでご安心ください。
アルバイトしながら通えますか?
OKです。できれば飲食店でのアルバイトをおすすめします。授業とアルバイトを両立している先輩も多く、入学後、本校でもアルバイトの求人情報を公開しています。
まったく料理をした事がないのですが大丈夫ですか?
大丈夫です。包丁の使い方をはじめ、進み具合が気になる学生は授業が終わったあとに個別指導を受けることができます。また、教科によっては補習日を使って、不得意技術を克服することができます。放課後の教室開放も実施していますので、コツコツと力をつけていきましょう。
授業についていけるか心配です。
安心してください!本校では個別のスキルチェックを実施し、一人ひとりのレベルに応じたサポート体制を整えています。授業のことはもちろん、講師やクラス担任、学校職員になんでも相談してください。

就職・卒業後について

就職は大変ですか?
就職ガイダンスや個別面談が充実し、就職担当や担任がバックアップしますので、真剣に取り組むことが第一です。
どんなところに就職できますか?
和洋中の専門店、ホテル、レストラン、学校・病院などの給食施設など選択肢は豊富です。本学独自の就職セミナーや学校内外で開催される就職ガイダンスへの参加、細やかな個人面接、模擬面接試験などを取り入れ就職活動を支援しています。
主な就職先はこちら
将来、自分のお店を出すことはできますか?
独立開業のサポートも万全です。オーナーシェフの夢を叶えた卒業生はたくさんいます。本校にはどのコースにも経営学の授業があり、在学中はもちろん、卒業後もさまざまなバックアップを行っています。
料理本を出版したい夢があるのですが可能ですか?
可能です。フードコーディネートの授業では、料理の盛りつけ術を身につけ、センスを磨くことができます。雑誌や料理本の執筆で活躍中のプロからレシピ作り、フードスタイリング、料理写真の撮り方なども学べます。