夢を実現した先輩たち

夢を実現した
先輩たち

料理人として、
食業界の一員として
現場で活躍する
TOP > 進路・就職 > 夢を実現した先輩たち

夢を実現した先輩たち

西調で技術と知識を学び、夢に向かって大きく羽ばたいた先輩たち。彼らは今、食のプロとして、新しい体験を重ねながらそれぞれの現場で活躍しています。

うかい竹亭 調理師 鳥尾新二郎さん 専門調理師科 2014年卒業

そばと懐石に興味があり、料理人になって和の道を究めたいという思いで、西調に入学しました。学校選びの決め手になったのは、少人数制なのでめんどうを見てもらえそうなこと、そばの授業があったこと、フードコーディネーターのコースがあり、幅広く勉強できそうだと思ったことの3点です。卒業後、うかい竹亭で働き始めて3年目。最初の1~2年は八寸場で下準備や前菜の修行を重ね、今は揚げ場で揚げ物を主体に作っています。現場ではまだまだ未熟者で、正直言ってくじけそうになったこともありましたが、自分で決めた道なので貫くのみ!ゴールはまだ先なので腕に磨きをかけ、一人前の料理人になる日まで、夢を追いかけ続けます。

料理人を目指したきっかけ

高校生の頃、そば屋でアルバイトを始めたのがきっかけです。そこから料理の世界にのめり込んだといったら生意気になりますが、興味を持ち始めました。

西調で学んだこと

挨拶です。授業や研修で挨拶の大切さをしっかりたたき込まれたことが、現場に出てからも役に立っています。ひたすら「いらっしゃいませ」の練習をしたのは、いい思い出!

夢を叶えるまで

西調で行われる就職説明会で自分が学生代表の挨拶をしたのですが、それが好評だったらしく、逆指名をいただきました。和の道以外は考えていなかったので、光栄でした。

これから入学する人へ

もし、苦手なことが出てきても、逃げないことが大事! 包丁の使い方など、授業以外の時間にも一生懸命に練習して、自分のものにしてください。

うかい竹亭 東京都八王子市

高尾山の懐に抱かれた山里に佇み、竹林を望む2000坪の日本庭園に数寄屋造りの離れが点在。どの部屋からも移ろう四季を眺められ、旬の素材を取り入れた懐石料理を楽しめる。

こけし屋 別館 調理師&フロア 上段茄菜さん 調理師科 2015年卒業

西調を選んだのは、先生たちがとても親切で、最新設備が整っていたため。 入学前から西洋料理の道を目指していたのですが、アジア各国の料理など幅広い分野を学べたのは、なかなかできない貴重な体験でした。こけし屋ではオードブルの仕込みや盛りつけなど、いろいろなことをやらせていただいています。最初は現場を知るために接客の仕事もするのですが、お客様と直接かかわれるのは、仕事のやりがいに通じます。いつになるかはわからないけど、将来は自分のお店を持つのが夢!ずっとブレずに描いているのは、西洋料理の小さなお店です。その夢に一歩一歩近づくため、今はやるべきことをがんばりたいと思っています。

料理人を目指したきっかけ

小さな頃からの夢でした。小学校4~5年生頃だったかな。学校で調理を体験したり、母の手伝いをしているとき、大きくなったら料理を作る仕事に就きたいと思いました。

西調で学んだこと

食事の作法をはじめ、マナーについてもしっかり学べたのが、社会に出てからとても役に立っています。一年間で技術的なことや座学もきちんと学べ、就職に生かせました。

夢を叶えるまで

西調の求人票を見て、いろいろなところを見学させてもらいました。お客様に近いところで働きたいという目標があったので、こけし屋のお話を聞き、ここだ!と思いました。

これから入学する人へ

自分がやりたいと思ったら、最後までやってみるのがいいと思います。結果はどうであれ、必ず自分のためになるので、がんばって!

こけし屋 別館 東京都杉並区

西荻窪駅にあるフランス料理の老舗店「こけし屋」の別館。名店の味をカジュアルに楽しめ、オリジナルのケーキやチョコレート、クッキーなどの洋菓子も人気抜群。