就職指導・サポート

就職指導のポイント

就職指導担当と担任によるW就職指導
就職希望調査・個人面談・模擬面接など就職指導担当と担任が、一人ひとりの希望を考慮の上、きめ細かな就職指導を行っています。
実際の仕事現場を肌で感じる校外実習
2週間にわたり、実際のお店や企業で仕事を経験することによって、実践力・職業観・社会性・コミュニケーション能力を養います。
卒業後の転職や独立をサポート
企業と学校の太いパイプや多くの卒業生のネットワークを活用し、卒業後の転職や独立計画のサポートをしています。

入学から就職まで

就職先である企業が求める人材は、調理の学習をしてきた人ではなく、調理師の世界で働くための準備をしっかりしてきた人です。社会人として組織で働く上での常識やマナーに欠けるような人は 通用しませんので、本校では毎日の生活を通して、徹底的に指導しています。そのため、就職指導は入学直後から始まります。毎年卒業生が希望通りの就職ができるのは、きめ細かな就職指導があるからです。

入学から就職までの流れ