フードコーディネートなど幅広い実習

フードコーディネート
など幅広い実習

TOP > 学校案内 > フードコーディネートなど幅広い実習

プロの技を学び 感性豊かな調理師に

フードコーディネートって何?

・料理をよりおいしそうに見せる術がフードコーディネートです。 ・盛りつけの美しさや器とのバランス、テーブルのデコレーションなどを考えます。 ・料理は見た目、味、香り、音、食感の5つの調和がとれて初めて、おいしいと感じるものです。

料理の価値はフードコーディネート次第で大きくグレードアップします。

さらにこんなメリットも!

1.自分の店を出す近道になる
2.レストラン、ホテル、食品メーカーのメニューを提案できる
3.自分の名前で料理本を出版できる
4.料理教室の開設、講師、コンサルティングができる
5.ドラマや映画の撮影で憧れの役者と一緒に仕事ができる

こんな就職先&仕事が待っています

食品メーカー/外食産業/フードコンサルティング/フードコーディネーターアシスタント/メニュー開発/料理教室講師/料理本制作・雑誌へのレシピ提案・製作・スタイリング/料理番組・食のイベント出演など

Check!
フードコーディネーターの資格をとれます!
専門調理師科では卒業時にフードコーディネーター3級を取得できます。プロのフードコーディネーターになる夢も実現できます。

1 フードコーディネートを学ぶのはなぜ?

フードコーディネート術を学ぶことで調理師としての幅が確実に広がります。

盛りつけが上達!
西調なら世界各国のプロの講師陣から料理技術と文化を学べます。あらゆるジャンルの料理を経験することで、盛りつけセンスも自然に磨かれていきます。

器選びに自信がつく
お花やテーブルセッティングの授業ではデザインセンスと感性を高められます。和・洋食器、グラス、カトラリーに関する知識を習得でき、器選びやスタイリングの自信がつきます。

料理写真の腕が上がる
プロのカメラマンによる講義をはじめ、撮影実習では自分で作り、盛りつけた料理をおいしそうに撮るコツを学びます。さらにプロに撮影してもらうことができるのも西調の特長です。

西調のココがすごい!
盛りつけや器選び、料理写真のセンスアップは、現場で活躍するプロにとっても悩みの種。西調で学べば感性が磨かれ、将来、必ず役に立ちます。

Check!
感性を刺激!授業で使う食器や小物の品揃えが抜群!
世界各国から集めた数千点の食器類やクロスをはじめ、色彩感覚や美的感覚を刺激する料理の引き立て役たちが充実しているのも、西調ならでは。
写真の木製プレートと食器類、カトラリーはほんの一部。ほかにもたくさんあります。カジュアルからフォーマルまで、テーブルセッティング用のクロスは素材も色も豊富に揃っています

2 西調の副校長は日本トップレベル
プロの技を直伝!

西調の住川啓子副校長は日本におけるプロフェッショナルなフードコーディネーターの草分け的存在。レストラン・ホテル・ブライダル・メニュー制作のプロデュースやプロシェフへのアドバイス、450本以上のドラマ・映画の料理シーン制作などさまざまな実績を持つ実力派です。授業では現場で培った実践的なノウハウをきめ細かく指導。プロのフードコーディネート術を直接学ぶことができます。

西東京調理師専門学校 副校長 住川啓子
Profile レシピ開発からフードデザイン、撮影時のスタイリングまでフードコーディネート全般をワンストップで手がけ、CM広告、メニュー開発、雑誌の料理ページや料理本の著書など、幅広く活躍中。今までかかわった作品のうち、主な映画は「HERO」「ワイルド・スピードX3」「県庁の星」「信長協奏曲」ほか多数。ドラマは「リーガルハイ」「マルモのおきて」「dinner」「失恋ショコラティエ」「謎解きはディナーのあとで」「デート」「問題のあるレストラン」「Chef〜三ツ星の給食〜」「最後から二番目の恋」、NHK朝ドラの「ひよっこ」などがある。

この学校案内パンフレットの表紙にある花のような野菜は住川副校長作。写真は制作シーンです

Check!
女優や俳優へのアドバイスから始まった住川副校長考案の「優美食」も学べる
「食べ物に気をつけたら、より美しくなれる?」 そんな女優さんからの相談をきっかけに生まれたのが、美しくヘルシーな「優美食」。本校では有名女優の有資格者も多い「優美食」を住川副校長から直接学べます。

3 どんなジャンルにも対応できる幅広い実習で経験値アップ!

タイ料理、ベトナム料理、韓国料理、インド料理……。幅広く学ぶことで、調理師としての経験値に差がつきます。

Check!
ラーメン界の雄「麺屋武蔵」とのコラボレーション企画も!
本校では「麺屋武蔵」さんによる特別授業を年間3回にわたって開催! デモンストレーションから創作レシピのコンテストまで本格的なラーメンの授業がある調理師専門学校は全国でも数少なく、本校の学生たちにとって貴重な体験になっています。
創作レシピコンテスト「キムチーズ・ボゥ・ラーメン」

4 ドラマや映画の現場研修ができる!

住川副校長がフードコーディネーターとしてたずさわっているドラマや映画の撮影現場での研修制度あり! 学校に通っている間に生の現場を体験でき、実績を積めます。

Check!
ミュージシャン・俳優 泉谷しげる xフードコーディネーター・本校副校長 住川啓子
「キッチンライブ!」を学生がお手伝い
泉谷しげるさんと住川副校長が、本校で「優美食」料理教室とミニライブを開催。学生たちが大活躍できる場のひとつです。

5 器づくりから調理、スタイリングまで一連の流れで学ぶ!

陶芸の授業では思い思いの器を作り、料理作りや盛りつけはもちろん、スタイリングまでトータルに手がけます。作った作品はプロのカメラマンが撮影! センスやアイデア、スキルの集大成です。

Check!
カービングナイフを使って、高度な技術をマスター
果物や野菜に装飾的な彫刻を施すタイの伝統文化、カービングにも挑戦します。高度な技が必要ですが、年間を通して行う授業ですので、全員が根気強くやり遂げます。

メロンと大根、紅芯大根を素材にしたカービング

調理師科でも陶芸を学べます。
料理人として器への興味が広がります!

「器は料理の着物」といわれます。陶芸の授業は個性をはぐくみ、センスを磨くチャンスにも!

プロのカメラマンが料理をおいしそうに撮るコツを伝授。ライティングも本格的!

自分で作った器に料理を盛りつけ、センスよくスタイリングして撮影。卒業までにここまでできるようになる!

歴史ある西調で
基礎から懐石まで日本料理を究める

本校は1967年、割烹料理学院としてスタートしました。創立以来50年におよぶ確かな実績と少人数制による手厚い技術指導は歴史を紡いでいる本校ならではの特色です。

ベテラン講師陣が、和の伝統技法を指導
四季の移ろいを目にも美しいひと皿に

創作和食
高度な調理技術と美的センスを磨く
海・山・里に恵まれた日本では、四季の素材に寄り添いながら、その味わいを生かす技術や道具をはぐくんできました。本校ではユネスコ無形文化遺産に登録された誇るべき日本食の伝統的な食文化を理解し、「煮る」「焼く」「蒸す」「炒める」「揚げる」の基本から、技を究めた懐石料理を学びます。

世界で活躍できる技を習得
寿司とそばの独立した授業があるのも特長

寿司
にぎり寿司、巻き寿司、細工寿司、さまざまな寿司を学ぶ
世界中で愛される寿司も調理法は多彩。本校では魚の鮮度の見分け方に始まり、にぎり寿司から巻き物まで、わが国ならではの繊細な味わいを最大限に生かした調理法を学びます。

そば うどん
打つ、ゆでる、彩るすべての技を習得
健康食品として注目を集める日本古来の食品「そば」と「うどん」。2つの麺の打ち方やゆで方、さらにはつゆの作り方、彩り方など、四季折々の素材を生かした職人技を習得します。