教育理念

教育理念

TOP > 学校案内 > 教育理念

教育理念「知・技・倫りん・汗かん

教育理念「知・技・倫・汗」

私どもが目指す調理師像は、本校の教育目標である「知・技・倫・汗」を具現化した職業人です。優れた調理技術だけでなく、聡明な人間性と豊かな心をも併せもつ者こそが素晴らしい料理を提供できると信じ、料理人にふさわしい人材の育成を目指しています。

本校は長い間、小平市にありましたが、2011年に住み慣れた街を離れ、立川市高松町に移転いたしました。立川市という土地の立地や利便性はもちろん、新校舎における最新の設備や快適な学習環境が学生たちの力をさらに伸ばしてくれることと思います。

本校が長年培ってきた教育ノウハウと充実した環境で、これまで以上に質の高い教育を実現いたします。

本校およびグループ校のあゆみ

1967年 西東京調理師専門学校 東京都小平市に「東京割烹料理学院」として開校。
1977年 西東京調理師専門学校 厚生労働大臣指定国家試験の免除校、および専修学校制度の発足に伴い公認専修学校となる。
高等課程(中学校卒業以上)、専門課程(高等学校卒業以上)を設置。
1984年 国際ビジネス専門学校 西東京調理師専門学校の進展を基盤に「国際ビジネス専門学院」として開校。
国際製菓専門学校 東京都立川市に「国際製菓喫茶専門学院」を創立。製菓衛生師科(2年)と菓子喫茶科(1年)を設置。
1985年 国際ビジネス専門学校 専修学校の認可を得て「国際ビジネス専門学校」と改称。
1986年 国際ビジネス専門学校 アメリカ・ワシントン州、エドモンズ・コミュニティ・カレッジと姉妹校提携を結び、カレッジ留学コースを設置。
1987年 国際ビジネス専門学校 JR武蔵野線・新小平駅近くに近代的な校舎を新設移転。
国際製菓専門学校 西東京調理師専門学校に隣接して「国際製菓専門学校」を移転。
1988年 国際製菓専門学校 専修学校の認可、および学校法人啓倫学園、厚生労働大臣指定の製菓衛生師養成校の認可を得て、4月に開校。
1989年 国際製菓専門学校 大学入学資格文部科学大臣指定校認定。西武多摩湖線青梅街道駅近くに近代的な校舎を新設移転。
1990年 ラブニール国際K・Hカレッジ 小平市にプロのフードコーディネーターを養成する「国際K・Hカレッジ」を設立。
1995年 国際製菓専門学校 フランスの調理・製菓技術養成校である名門エコール・ルノートルと日本初の姉妹校となる。
2000年 国際健康植物科学専門学校 園芸療法のプロを育成する「国際園芸セラピー専門学校」として開校。
2003年 国際パティシエ調理師専門学校 国際製菓専門学校より分離し開校。
2004年 国際製菓専門学校 立川新校舎へ移転。
2006年 国際健康植物科学専門学校 校名を「国際園芸セラピー専門学校」から「国際健康植物科学専門学校」に変更。
2007年 国際パティシエ調理師専門学校 厚生労働大臣指定の調理師養成校(国家試験免除校)の認可を得る。
2008年 国際パティシエ調理師専門学校 国際製菓専門学校小平校より校名変更。
2009年 国際ビジネス専門学校 学校法人啓倫学園としての認可を得る。
2011年 西東京調理師専門学校 立川市に新校舎が完成、小平市より移転。
2017年 西東京調理師専門学校 創立50周年を迎える。